※本サイトの記事にはPR情報が含まれます。

【医師監修】背中の毛の処理方法は?1人でのやり方やリスク、プロの脱毛も解説

【医師監修】背中の毛の処理方法は?1人でのやり方やリスク、プロの脱毛も解説

  • ・当記事は記事作成時点での情報を基に掲載しております。
    キャンペーン及び料金内容は変更や終了する可能性が有りますので、最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください。
  • ・掲載のサロンやクリニックについて、選定については編集部による調査により編集部独自の視点で執筆しております。
  • ・記事記載の効果効能や痛みには個人差があり保証するものではありません。
背中のムダ毛は自己処理が難しいです。ケガするリスクがあり、処理残ししやすいのであまりおすすめできません。どうしても自己処理する場合は、肌を傷つけにくい除毛クリームを使用、美しい仕上がりを目指すなら脱毛サロンやクリニックの利用もよいでしょう。この記事では背中の毛を自己処理する方法やメリット・デメリットを解説します。
この記事の監修者
藤堂 紗織

Alohaさおり自由が丘クリニック
院長 藤堂 紗織

URL:https://aloha-saori-jiyugaoka-cl.jp/

■診療科:内科、皮膚科、美容皮膚科

■経歴
平成15年 日本医科大学 卒業
平成16年 日本医科大学附属武蔵小杉病院 研修医/内科 専修医
平成21年~31年 善仁会丸子クリニック 院長勤務
令和元年5月 Alohaさおり自由が丘クリニック 院長

■資格・所属学会
・日本内科学会認定内科医
・日本透析医学会、日本腎臓学会
・点滴療法研究会
・日本美容皮膚科学会

この記事でわかること!

背中の毛は自分で処理できる?

背中の毛は自分で処理することも可能ですが、非常に難しいです。背中は自分で直接見ることができない部位で、鏡などを使用しても手が届きにくいため、自己処理は簡単ではありません。

基本的には家族や友人など、誰かに協力してもらって処理するのがおすすめです。また、高額な費用はかかるものの、脱毛サロンやクリニックを利用するのも選択肢のひとつです。
どうしても一人で背中の毛を処理する場合は、カミソリや脱毛ワックスなどを使用しましょう。

 

背中の毛を自分で処理する方法

背中の毛を自分で処理する方法は、大きく次の3つです。

・カミソリ・シェーバーで剃る
・脱毛ワックスで処理する
・除毛クリームで処理する

なかでも、肌にやさしい成分を選べる除毛クリームによるムダ毛処理が簡単です。それぞれの処理方法について詳しく解説します。

カミソリ・シェーバーで剃る

カミソリやシェーバーを利用して自分で背中の毛を剃ることができます。自分で背中の毛を処理する方法は次の通りです。

1.肌を清潔にする
2.後ろ髪をアップスタイルにする
3.合わせ鏡で確認しながら、毛流れに沿って処理する
4.スキンケアをする

まずはお風呂に入ったり体の汚れをタオルで拭き取ったりして、肌を清潔にしましょう。肌に汚れが付着している状態でムダ毛処理をすると、雑菌が付着して炎症を起こす可能性があるため注意が必要です。後ろ髪が長くて背中の毛を剃るのに邪魔になる場合は、ピンで留めるなどアップスタイルにしておきましょう。

背中のムダ毛を一人で処理する場合は、2枚の鏡を使って合わせ鏡にする必要があります。できれば三面鏡を使用する方が両手が使えて安全ですが、三面鏡がなければ洗面台の鏡や大きめの手鏡などを使って合わせ鏡にしましょう。剃る際は毛流れに沿って処理するのがポイントです。鏡で毛流れの方向を確認しながら、カミソリやシェーバーを当てて処理しましょう。ムダ毛を処理した後は肌が敏感な状態で、乾燥による肌荒れが起きやすいため保湿することが大切です。乳液やボディーローションなどを使用してスキンケアを行ってください。

また、背中は自分で直接見ることができないだけでなく、デコボコしていてムダ毛を処理しにくい部位です。そのため、背中のムダ毛を処理する場合はできる限り友達や家族に協力してもらうか、カミソリやシェーバー以外の方法で処理するのがいいでしょう。

脱毛ワックスで処理する

脱毛ワックス(ワックスシート)を使って、自分で背中の毛を処理する方法もあります。
脱毛ワックスは、広範囲に及ぶ背中のムダ毛処理も効率よく行えるのがメリットです。さらに、脱毛ワックスは毛根から処理できるため、カミソリで処理するよりも効果の持続期間が長く、処理回数を減らすことにもつながります。

脱毛ワックスを使って処理する手順は次の通りです。

1.脱毛ワックスを人肌程度に温める
2.うなじから背中にかけて脱毛ワックスを貼る
3.毛流れに沿って脱毛ワックスを一気にはがす
4.背中をお湯で洗い流し、冷たい水で引き締める
5.保湿する

まず、髪の毛が邪魔な人は後ろ髪をアップスタイルにし、脱毛ワックスが髪の毛に付着しないよう気をつけましょう。脱毛ワックスは毛流れに沿ってはがさないと、肌荒れにつながる原因となるため注意が必要です。

また、毛量が多いところを一度に処理しようとする失敗しやすいので、複数回に分けて使用したり、脱毛ワックスを貼る際は皮膚をしっかり伸ばして使用したりするのもポイントです。

ただし、カミソリやシェーバーで処理するよりも肌に負担がかかりやすいため、最後にボディクリームなどでしっかり保湿して肌トラブルを防ぎましょう。また自分だけで処理するのは難しいので、他の人に手伝ってもらうか、脱毛サロンやクリニックで施術してもらうのが現実的だと言えるかもしれません。

除毛クリームで処理する

除毛クリームで背中のムダ毛を処理するのも選択肢のひとつです。除毛クリームに含まれる「チオグリコール酸」という成分が毛の組織であるタンパク質を溶かし、ムダ毛を処理する仕組みです。
処理後の毛先は丸くなるので肌触りがいいだけでなく、チクチクとする感覚がないというメリットがあります。さらに、製品によっては肌にやさしい成分が含まれているものもあり、肌への負担を抑えられるのが特徴です。

背中のムダ毛を除毛クリームで処理する手順は次の通りです。

1.背中のムダ毛にクリームを塗布する
2.数分放置する
3.ぬるま湯で洗い流す
4.保湿する

除毛クリームが髪に付着すると髪の毛まで溶かしてしまうため、後ろ髪が背中にかかる人はアップスタイルにしてしっかり留めておくことが大切です。除毛クリームを塗布したら、製品に記載されている時間に従って放置します。規定の時間が経過したら、スポンジやタオルなどを使用してクリームを拭き取りましょう。

除毛クリームで処理する場合も肌に負担がかかっている状態のため、化粧水やボディクリームなどで保湿して肌トラブルのリスクを減らすことが重要です。また、成分が肌に合わないと赤みやかぶれを引き起こすリスクもあるので、事前にパッチテストで問題ないか確認しておきましょう。

 

背中の毛の処理に役立つ市販のおすすめグッズ

カミソリや除毛クリームなどのほかに、便利グッズを利用して背中のムダ毛を処理する方法もあります。市販されているおすすめの便利グッズは次の2つです。

・バックシェーバー
・脱毛タオル

それぞれの詳細を解説します。

バックシェーバー

バックシェーバーとは、持ち手が長い背中用の電動シェーバーです。通常のカミソリや電動シェーバーでは背中のムダ毛を処理するのが難しいですが、バックシェーバーであれば手が届きにくい部分も剃毛しやすいです。

カミソリなどの場合は手が届きにくい部分を無理して処理しようとし、肌を傷つけてしまう可能性があります。背中のムダ毛を剃毛する場合は、バックシェーバーを利用しましょう。

また、処理後は保湿剤などでアフターケアすることが大切です。

脱毛タオル

脱毛タオルとは、ざらざらした手触りのタオルで背中をこすり、ムダ毛を絡めとるグッズです。産毛のような薄く細い毛を処理するのに適しています

使い方は、通常の浴用タオルと同じです。脱毛タオルを水で濡らしてボディソープなどを泡立て、やさしく背中をこすると毛が絡んで抜ける仕組みです。

ただし、太く濃い毛はうまく絡め取ることができません。また、強くこすりすぎると肌を傷つけてしまう可能性があるため、力加減には注意が必要です。

 

背中の毛を自分で処理するメリット

背中の毛を自分で処理するメリットは次の2つです。

・自宅で好きなタイミングに処理できる
・比較的費用がかからない

ムダ毛が気になったときに処理すればいいという人や、費用を抑えたい人には自己処理がおすすめです。メリットについて詳しく解説します。

自宅で好きなタイミングに処理できる

自己処理であれば、自宅で好きなタイミングに処理できるのがメリットのひとつです。サロンやクリニックに通う手間がかかりません。

さらに、サロンやクリニックとは違って一回の処理で、見た目が大きく変わるのもメリットと言えます。
普段から背中を露出する機会が少なく、露出する前日などに処理しておけば問題ないという人は自己処理で済ませましょう。

比較的費用がかからない

自己処理は、ほかのムダ毛処理の方法と比べて費用がかからないのもメリットです。脱毛サロンやクリニックを利用すると、数万円〜数十万円の費用がかかります。それに対し、自己処理であれば数千円で済ませられ、経済的な負担が少ないです。

また、カミソリやシェーバー、除毛クリームなどは近くのドラッグストアで気軽に購入できるのも便利です。

 

背中の毛を自分で処理するデメリット

背中の毛を自己処理するメリットがある一方、以下3つのデメリットもあります。

・届かないところもあり難しい
・カミソリなどでケガをする可能性がある
・処理残ししやすい

背中の毛は自分では見えにくく、手が届きにくいため自己処理するのが難しいです。それぞれのデメリットを詳しく解説します。

届かないところもあり難しい

背中は自分の手が届かないところもあり、自己処理が難しいです。脚や腕の毛を自己処理するのとは違い、ムダ毛処理に時間がかかることが予想されます。

背中用の電動シェーバーの「バックシェーバー」という便利グッズを利用すれば、届かないところもムダ毛処理することができます。ただし、普通のシェーバーとは別で購入する必要があり、費用が余計にかかってしまいます。

カミソリなどでケガをする可能性がある

カミソリや電気シェーバーで自己処理する場合、ケガをする可能性があります。

特にカミソリの場合、電気シェーバーとは違って刃が直接肌に触れるので、剃り方を誤ると肌を傷つけやすいです。背中の肩甲骨あたりはデコボコしており、うまく剃りにくいため注意が必要です。また、カミソリだけでなく、脱毛ワックスや除毛クリームなどを使用した場合でも肌に負担がかかります。

処理残ししやすい

処理残ししやすいのも自己処理のデメリットです。

カミソリやシェーバーを使用する場合、一部手が届かず毛が残ってしまう可能性があります。届かないところは、バックシェーバーや除毛クリームなどを使用しなくてはなりません。

また、きれいに自己処理したつもりでも、背中は自分で見ることができず鏡などを使用しても見えにくいため処理残ししやすいです。

 

背中の毛の自己処理の注意点・ポイント

背中の毛を自己処理するときの注意点・ポイントは次の5つです。

・肌トラブルがあるときは処理をしない
・一人で処理するときはケガに注意
・処理残しは要チェック
・アフターケアはしっかり行う
・安全に美しく仕上げるならプロの脱毛

自己処理は、ケガや処理残しに注意が必要です。肌に負担がかかるため、肌の状態によっては使用を避けるとともに、処理後のアフターケアも大切です。

肌トラブルがあるときは処理をしない

背中に肌トラブルがあるときは、ムダ毛処理を控えましょう。

たとえば、背中にニキビができている状態でムダ毛を処理すると、ニキビを傷つけてしまい出血やニキビが悪化する可能性があります。背中は自分では見えず、気づかないうちにニキビができていることもあるので、処理する前に確認することが大切です。

そのほか、日焼けかゆみなどの症状がある場合も背中の自己処理は控えましょう。

一人で処理するときはケガに注意

一人で自己処理する際は、ケガに注意しましょう。

自己処理するにあたって、普段から使い慣れているカミソリを使用する人もいるかと思います。カミソリは刃が直接肌にあたってしまうため、肌を傷つけやすい上、深剃りしすぎると肌を傷つけてしまう可能性があります。

背中には皮脂腺が多くあり、傷つけてしまうと雑菌が繁殖しやすく肌トラブルになる可能性があります。できる限り、脱毛ワックスや除毛クリームといった刃を使わずに処理できるものを選びましょう。

処理残しは要チェック

背中の自己処理は処理残しがないか、しっかりチェックすることが大切です。処理残ししていることが他人に見られると恥ずかしいもの。特に背中は処理残ししやすく、目立ちやすい部位です。

自己処理した後は、鏡を使用して剃り残しがないか念入りに確認しましょう。可能であれば家族や友人に見てもらってください。

アフターケアはしっかり行う

自己処理した後は、しっかりアフターケアを行いましょう。カミソリやシェーバーはもちろん、脱毛ワックスや除毛クリームを使用すると肌に負担がかかってしまいます。

処理後の肌は敏感で乾燥しやすい状態です。アフターケアせずに放置すると、ニキビや炎症など肌トラブルを起こす可能性があります。しっかり保湿すれば肌トラブルを防げる上、美肌につながります。

安全に美しく仕上げるならプロの脱毛

安全に美しく仕上げたい人は、プロの脱毛がぴったりです。脱毛サロンやクリニックでは、第三者のスタッフが施術を行うため処理残しがありません。術後のアフターケアも万全なので、肌トラブルを起こすリスクも少ないです。

さらに、一人ひとりの肌質・毛質に合った施術を受けるのもサロンやクリニックの特徴です。肌へのダメージや刺激を抑えつつ、効率良く脱毛することができます。

クリニックの医療脱毛であれば、永久脱毛も可能です。安全にきれいな仕上がりを目指すのであれば、脱毛サロンやクリニックを利用しましょう。

現在の技術では「1回の施術で永久的に毛が生えなくなる」という方法は存在しません。日本には「永久脱毛の定義」がないため、一般的には、アメリカで使われている以下の基準を満たした脱毛のことを永久脱毛と呼びます。

アメリカ食品医薬品局(FDA)~3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(2/3)以上の毛が減っている状態
米国電気脱毛協会(A.E.A)~最終脱毛の1ヶ月後に、毛の再生率が20%以下であること

毛が生えづらいという点で日本では「永久脱毛 = 医療脱毛」という印象が非常に強いです。

「光脱毛」「レーザー脱毛」「電気脱毛」の施術を受けることで「熱傷(やけど)」や「肌トラブルのリスク」が発生する場合がございます。

高いエネルギーのレーザーを肌に照射するレーザー脱毛では、火傷を起こす可能性やそれぞれの脱毛を受けることで赤み、赤い腫れ、ヒリヒリ感などの皮膚トラブルが発生するリスクがございます。また医療脱毛にて永久脱毛を行った場合には毛が生えにくくなるため生やしたくなった際に思うように毛を生やすことが難しくなります。そのため、じっくりと考えた上で脱毛箇所や脱毛の種類を検討ください。

髭脱毛の際にはレーザー照射直後に、照射前に比べて髭が濃くなる状態が発生する場合があり、人によって毛質や肌質が異なるので、焦らず髭が抜け落ちるのを待ちましょう。毛をピンセットなどで抜いてしまうと肌トラブルや埋没毛の原因になる恐れがあるので注意が必要です。肌質が合わず蕁麻疹を発症してしまうケースもあり肌のパッチテスト等も事前に行うことをお勧めいたします。事前カウンセリングや施術前にこのようなリスクの事前説明がない医療機関、脱毛サロンは要注意です!

※最後に施術ではなく脱毛施術の契約や勧誘に関してトラブルが多く起こっているようです。サロンだけでなくクリニックも法の改正により一部の美容医療サービスにおいては一定条件を満たせばクーリングオフが適応されるケースがございます。全ての美容医療サービスの施術でクーリング・オフや中途解約ができるわけではありませんが困った際には早めに消費生活センター等に相談しましょう。

出典:国民生活センター

背中の毛の処理に!おすすめの脱毛サロン・クリニック

背中の毛の自己処理におすすめ男性向け脱毛サロン・クリニックは次の通りです。

RINX(リンクス)東京新宿店

メンズ脱毛【RINX】

引用:RINX(リンクス)公式サイト

RINX(リンクス)はメンズ専門の脱毛サロンです。全国に80店舗以上展開しており、サポート体制が充実しています。対応スタッフは全員男性なので、男性は無理なく通うことができます。

対応部位と価格帯

背中(背中上部または下部)1回10,500円(税込)
背中(背中上部または下部)4回31,500円(税込)
背中(背中上部または下部)8回63,000円(税込)

背中だけでなく、脇や腕、脚、顔など幅広い部位の脱毛に対応しています。リンクスは部位ごとに施術回数を選べることが特徴的です。背中だけでなく、全身脱毛をしたい方にもリンクスがおすすめです。

特徴とおすすめポイント

RINX(リンクス)には以下の特徴があります。

  • スタッフが全員男性
  • 9回目以降は永久80%OFF
  • 脱毛器が幅広い毛質に対応

スタッフが全員男性なので、異性のスタッフに対応してもらうことに抵抗がある人も無理なく利用することができます。

さらに、背中脱毛の場合9回目以降の施術が80%OFFになることもメリットです。8回の施術が完了して仕上がりに納得いかない場合は、安価で追加照射を受けることができます。

また、幅広い毛質に対応している脱毛器を採用しているので、背中の毛が濃い人も産毛の人も脱毛できます。

店舗情報

店舗名RINX(リンクス)東京新宿店
住所東京都新宿区西新宿1-18-6 西新宿ユニオンビル7F
電話番号03-3348-5677
営業時間平日12:00~21:00、土日祝11:00~20:00
定休日木曜日
アクセスJR「新宿駅」より徒歩2

出典:RINX(リンクス)東京新宿店

公式サイト

 

レイロール(RAYROLE)池袋店

レイロールブランドロゴ

引用:レイロール公式サイト

レイロールは全国に店舗展開する、メンズ専門の脱毛サロンです。オリジナルの脱毛器を採用しており、背中の毛が太く濃い人でも施術を受けることが可能です。

対応部位と価格帯

Lパーツ「背中上or背中下or肩」1回5,980円(税込)
全身脱毛セット 6回299,800円(税込)
全身脱毛セット 1年通い放題399,800円(税込)
全身脱毛セット 2年通い放題499,800円(税込)

レイロールは背中以外の幅広い部位に対応しており、顔脱毛や全身脱毛などが可能です。回数コースのプランのほか、通い放題プランがあることが特徴で、自分の希望や毛量などに合わせて好みのプランを選ぶことができます。

※【注意点】「通い放題のプラン」は毛の毛周期があるため通い放題であっても同じ部位に短期間で何度も照射をすることができません。そのため実際には様々な部位の脱毛をスムーズに行う際に有効なプランになります。混雑して予約が取れない場合にはその周期でしか通えないことにご注意ください。

特徴とおすすめポイント

レイロールには以下の特徴があります。

  • 回数プランか通い放題プランか選べる
  • オリジナルの脱毛器を採用
  • 22時まで営業で通いやすい

背中脱毛のみの通い放題プランはありませんが、全身脱毛セットを利用すれば、背中含めて全身脱毛し放題です。

また、オリジナルの脱毛器を採用しており、太い毛の人も脱毛できます。冷却機能がついているので施術時の刺激が少ないです。

店舗は22時まで営業しているので、仕事などで忙しい人も夜間を利用して無理なく通えます。

店舗情報

店舗名レイロール 池袋店
住所東京都豊島区南池袋1-20-1 横田ビル9F
電話番号0120-965-876
営業時間平日12:00~22:00、土日祝10:00~22:00
定休日年末年始
アクセスJR「池袋駅」東口より徒歩3分

出典:レイロール 池袋店

公式サイト

自由診療治療につきましては健康保険などの公的医療保険が全く使えないため、治療費が高くなります。
また一部の自由診療については医療費控除の対象となる診療もございますが医療脱毛においては美容目的の要素が強いため医療費控除の対象外になります。

参考:確定申告の基礎知識(freee医療費控除ヘルプ)より

メンズリゼ 新宿南口

メンズリゼ公式ブランドバナー

引用:メンズリゼ公式サイト

メンズリゼはメンズ専門の脱毛クリニックです。全国に院展開しており、各種割引も充実しています。学割・ペア割を併用することが可能で、最大30%OFFで背中脱毛を受けられます。

対応部位と価格帯

セレクト全身脱毛(好きな部位を5ヶ所)5回199,800円(税込)
全身脱毛 5回269,800円(税込)

背中のみの脱毛プランはありません。背中を脱毛する場合は、全身脱毛のコースを選び、背中を含めボディ全体の脱毛を受ける方法があります。

また、セレクト全身脱毛であれば、背中を含め腕や脚、胸など全身の中から5ヶ所選んで脱毛できます。

特徴とおすすめポイント

メンズリゼには以下の特徴があります。

  • コース終了後は追加料金が半額以下
  • トラブル時は無料対応
  • 割引が豊富

コース終了後、追加照射の料金が安価で受けられます。さらに、アフターケアが万全で硬毛化や肌トラブルが起きた際は、無料対応してもらえます。割引には学割やペア割、乗り換え割があり、うまく割引を活用すればお得に脱毛できます。

また、トラブル時は無料で対応してくれるなど、アフターケアがしっかりしているのもメンズリゼのおすすめポイントです。

店舗情報

店舗名メンズリゼ 新宿南口
住所東京都新宿区新宿4-2-16 パシフィックマークス新宿サウスゲート5F
電話番号0120-562-535
営業時間14:00~23:00
定休日不定休
アクセス「新宿三丁目駅」E5出口から徒歩2分
「新宿駅」東南口から徒歩4分

出典:メンズリゼ 新宿南口

公式サイト

湘南美容クリニック 新宿本院

湘南美容クリニックブランドロゴ

引用:湘南美容クリニック公式サイト

湘南美容クリニックは女性だけでなく、男性も脱毛施術が受けられる美容クリニックです。脱毛器は3種類を使い分けており、一人ひとりの希望や毛質・肌質に合わせて施術を受けられます。

全国に100院以上展開しており、どの院でも施術を受けられるのも特徴的です。

対応部位と価格帯

背中(肩甲骨より上or下)1回17,730円(税込)
背中(肩甲骨より上or下)3回50,600円(税込)
背中(肩甲骨より上or下)6回82,500円(税込)

背中だけでなく、顔やVIOなど全身の脱毛に対応しています。全身脱毛のプランもあるので、背中のみ脱毛したい人だけでなく、背中以外の脱毛したい人も含めて、幅広い人が施術を受けることが可能です。

特徴とおすすめポイント

南美容クリニックには以下の特徴があります。

  • 医療脱毛が低価格
  • 全国に100院以上展開

医療脱毛の料金がほかのクリニックと比べて安いです。追加照射で安くなるという割引はありませんが、背中のみ脱毛したいという人にはおすすめです。

また、全国に展開していてどの医院でも施術を受けられるので、転勤が多い人など県内外を移動することの多い人にも湘南美容クリニックがおすすめです。

店舗情報

店舗名湘南美容クリニック 新宿本院
住所東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
電話番号0120-5489-40
営業時間10:00~19:00
定休日なし
アクセスJR「新宿駅」より徒歩10分

出典:湘南美容クリニック 新宿本院

公式サイト

まとめ

背中のムダ毛は自己処理するのが難しいです。背中は自分では見えにくく手も届きにくい部位なので、自己処理するとケガする可能性があり剃り残しもしやすいです。
肌トラブルのリスクを抑え、きれいな仕上がりを目指すなら脱毛サロンやクリニックを利用しましょう。背中を傷つける心配がない上、つるつるにすることができます。

また、脱毛クリニックなら永久脱毛も可能です。背中のムダ毛処理にお悩みの方はサロンやクリニックをぜひご検討ください。

タイトルとURLをコピーしました