※本サイトの記事にはPR情報が含まれます。

【医師監修】尻毛脱毛の方法とメリット|おすすめアイテム&お店での施術も徹底解説

【医師監修】尻毛脱毛の方法とメリット|おすすめアイテム&お店での施術も徹底解説

  • ・当記事は記事作成時点での情報を基に掲載しております。
    キャンペーン及び料金内容は変更や終了する可能性が有りますので、最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください。
  • ・掲載のサロンやクリニックについて、選定については編集部による調査により編集部独自の視点で執筆しております。
  • ・記事記載の効果効能や痛みには個人差があり保証するものではありません。
尻毛は手が届きにくく、自己処理によって皮膚を傷つけてしまうリスクが高いため注意が必要です。今回は尻毛を処理する6つの方法や尻毛処理のメリット、注意点などを解説します。尻毛の蒸れや臭い、毛の絡まりなどが気になっている男性はぜひ参考にしてください。
この記事の監修者
藤堂 紗織

Alohaさおり自由が丘クリニック
院長 藤堂 紗織

URL:https://aloha-saori-jiyugaoka-cl.jp/

■診療科:内科、皮膚科、美容皮膚科

■経歴
平成15年 日本医科大学 卒業
平成16年 日本医科大学附属武蔵小杉病院 研修医/内科 専修医
平成21年~31年 善仁会丸子クリニック 院長勤務
令和元年5月 Alohaさおり自由が丘クリニック 院長

■資格・所属学会
・日本内科学会認定内科医
・日本透析医学会、日本腎臓学会
・点滴療法研究会
・日本美容皮膚科学会

この記事でわかること!

尻毛の範囲は?

尻毛(けつ毛)とは、お尻や肛門の周りに生えている毛のことを指します。脱毛サロンではデリケートゾーンの総称をVIOと呼びますが、臀部の皮膚と肛門周辺(Oライン)の皮膚は厚みが異なるため、それぞれ別の処理が必要です。
尻毛は肛門周辺の皮膚を守る役割があるものの、脂肪や皮膚、下着などでしっかり保護されているため毛を処理しても人体への影響はありません。

尻毛を処理するメリットとは

尻毛の必要性は低く、伸びっぱなしになると通気性が悪くなるため処理した方が快適に過ごせます。ここでは、尻毛を処理するメリットを3つ紹介します。

トイレが快適になる

尻毛が伸びていると、排泄の際にトイレットペーパーが絡まって取れにくくなります。
尻毛を処理すればトイレ後にお尻を拭きやすくなり、トイレの時間も短縮されます。尻毛がなくなれば毛が絡まったときの痛みもなくなり、排泄後の汚れもサッときれいに拭き取れるようになるでしょう。

臭いや蒸れが軽減する

長時間のデスクワークなどで座りっぱなしの姿勢が続くと、お尻が蒸れやすい状態になります。尻毛が多いと雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの元になってしまうのです。尻毛をきれいに処理すれば汗をかいたときの臭いや蒸れが軽減し、かゆみや肌荒れなどによる不快感も改善します。

見た目がスッキリする

尻毛は太く濃いため、毛がなくなることで見た目がスッキリし、清潔感がアップします。太い毛穴のブツブツがスッキリすればお尻の肌もなめらかになり、恋人からの印象も良くなるでしょう。ジムのシャワーを使う時や温泉に入る時も尻毛が気にならず、安心して楽しめるようになります。

CHECK!

VIOの「O」に該当する尻毛は脱毛サロンでも脱毛可能です。一方で美容脱毛、サロン脱毛の店舗によってはVIOに対応ができないケースもあるので、事前に下調べをしっかりしておきましょう。

尻毛が好きではない女性に嫌悪感を与えない

男性の尻毛が気になっても、女性からはなかなか言い出せないことが多いです。尻毛が好きではない女性も少なくないでしょう。「知らぬ間に嫌悪感を与えてしまっていた」ということがないように、尻毛処理をしておくと安心です。完全に毛をなくすことに抵抗感がある方は、毛量を減らす・不要な部分をなくすだけでも良いでしょう。

 

尻毛を処理する方法6選

尻毛を処理する方法は以下の6つです。

処理方法

特徴

カミソリ

安価で手に入るので思い立ったときに手軽に処理できるが、ケガのリスクがある

電気シェーバー

刃が肌に当たらないためカミソリより安全に処理できるものの、メンテナンスの手間がかかる

ブラジリアンワックス

広範囲の毛を絡め取り、毛根から一気に抜く処理方法。刺激が強い

除毛クリーム

薬剤で毛を溶かすのでツルツルにできる。尻毛に使えない製品も多い

家庭用光美容器

自宅で本格的な脱毛が可能だが、サロンより出力が弱いので効果が出るまでに時間がかかる

メンズ脱毛

肌トラブルのリスクを抑えながらきれいに脱毛できる。自己処理の手間がなくなる

以下で順に詳しく解説していきます。

カミソリ

カミソリはドラッグストアやコンビニなど身近な場所で安い価格で手に入り、気軽に尻毛を処理できます。カミソリで尻毛を処理する前は必ずシェービング剤を塗り、ケガをしないように少しずつゆっくり剃っていきましょう。スタンドミラーなどを使えば、お尻の状態を確認しながら処理できます。尻毛の処理で使用したカミソリは不潔になりやすいため、ヒゲ用と使い分けましょう。

電動シェーバー

電気シェーバーは肌に刃が直接触れないため、カミソリより安全に尻毛を処理できます。初期コストはかかるものの、見えにくい部分も自動で処理できるためケガのリスクは低いでしょう。なお、電気シェーバーの刃には雑菌が付着しやすいため、使用後は毎回分解してしっかり洗う必要があります。

ブラジリアンワックス

尻毛にブラジリアンワックスを塗って時間を置き、一気に剥がせばワックスに絡まった毛を毛根から抜くことができます。一度に広範囲の尻毛を処理できるため時短になりますが、刺激が強い点がデメリットです。ブラジリアンワックスを使った尻毛の処理は肌への負担が大きいので、敏感肌の方は注意しましょう。

除毛クリーム

除毛クリームとは、薬剤を皮膚に塗って毛を溶かすアイテムです。処理したい尻毛に除毛クリームを塗り、時間を置いて洗い流すことで広範囲の毛をツルツルにできます。ただ、除毛クリームに使用されている成分は刺激が強いことが多いので、使用前は必ずパッチテストが必要です。また、デリケートゾーンには使用できない製品もあるため、必ずパッケージや説明書を確認しましょう。

家庭用光美容器

家庭用光美容器とは、毛に光を照射することで毛根にダメージを与えてムダ毛を処理できる機械です。自分の好きなタイミングで手軽に尻毛を脱毛できますが、サロンの脱毛器より出力が弱いため効果が出るまでに時間がかかります。「本格的な脱毛をしたいけど、他人に身体を見られるのが恥ずかしい」という人に向いています。

メンズ脱毛

メンズ脱毛サロンなら、自分で処理しにくい尻毛をきれいに脱毛できます。特殊な光エネルギーによって発毛組織にダメージを与えて毛を減らせるので、面倒な自己処理から解放され、常に清潔な状態をキープできます。家庭用脱毛機は肌の粘膜に照射できませんが、専門のサロンなら肛門付近の毛(Oライン)もきれいに脱毛でき、見た目がスッキリします。

VIO脱毛の「O」に該当する尻毛脱毛は、美容脱毛、サロン脱毛ともに一部の店舗では対応ができないケースもあるため、事前に下調べをしっかりしてきましょう。

尻毛を自己処理するリスク

尻毛を自己処理する方法はいくつかありますが、お尻や肛門周辺は皮膚が薄く、カミソリの刃や電気シェーバーで肌を傷つけてしまうリスクがあります。

また、ブラジリアンワックスで無理に毛を抜くと肌へのダメージが大きく、次の毛が皮膚に埋まる「埋没毛」を引き起こす原因になってしまいます。肛門まわりの粘膜に近い部分は特にデリケートなため、自己処理によって傷つくと炎症を起こして痛みやかゆみなどの症状が現れることも多いです。

尻毛を自己処理する際の注意点

尻毛の自己処理は肌トラブルやケガなどのリスクが伴うので、以下の3つの注意点を踏まえた上で行いましょう。

皮膚を柔らかくしてから処理する

事前に入浴して皮膚を柔らかくしておくと、尻毛を処理しやすくなります。お風呂上がりに血行がよくなった状態で処理すれば肛門周辺の皮膚が伸びやすく、肌への負担も抑えられます。なお、尻毛処理の際は大きめの鏡を使い、明るい場所で行いましょう。自立するスタンドミラーを活用すれば両手を使えるので、片方の手で皮膚を引っ張りながら処理できます。

毛流れに沿って剃る

毛の向きと逆方向にカミソリや電気シェーバーを押し当てると皮膚が傷つき、埋没毛などの肌トラブルを引き起こすおそれがあります。そのため、必ず毛流れに沿って内側から外側に向かって処理しましょう。見えにくい部分は無理に処理せず、手が届く範囲にとどめてください。

処理後はしっかり保湿する

尻毛を処理したは肌が敏感な状態になっているため、デリケートゾーン専用のメンズローションやボディクリームでしっかり保湿しましょう。特にカミソリを使うと肌の角質まで削れて乾燥しやすくなるので、肌トラブルを予防するためにも保湿は重要です。

自己処理の時だけでなく、普段からデリケートゾーンを保湿する習慣をつけておくと、自己処理による炎症リスクを下げられます。

尻毛の処理はサロンでの脱毛がおすすめ!

時間をかけてていねいに処理しても尻毛はすぐに成長し、チクチクとした不快感が気になってくるでしょう。尻毛が伸びてくるたびに何度も自己処理を繰り返すと肌ダメージが蓄積し、メラニン細胞が活性化して色素沈着も起こりやすくなります。

「光脱毛」「レーザー脱毛」「電気脱毛」の施術を受けることで「熱傷(やけど)」や「肌トラブルのリスク」が発生する場合がございます。

高いエネルギーのレーザーを肌に照射するレーザー脱毛では、火傷を起こす可能性やそれぞれの脱毛を受けることで赤み、赤い腫れ、ヒリヒリ感などの皮膚トラブルが発生するリスクがございます。また医療脱毛にて永久脱毛を行った場合には毛が生えにくくなるため生やしたくなった際に思うように毛を生やすことが難しくなります。そのため、じっくりと考えた上で脱毛箇所や脱毛の種類を検討ください。

髭脱毛の際にはレーザー照射直後に、照射前に比べて髭が濃くなる状態が発生する場合があり、人によって毛質や肌質が異なるので、焦らず髭が抜け落ちるのを待ちましょう。毛をピンセットなどで抜いてしまうと肌トラブルや埋没毛の原因になる恐れがあるので注意が必要です。肌質が合わず蕁麻疹を発症してしまうケースもあり肌のパッチテスト等も事前に行うことをお勧めいたします。事前カウンセリングや施術前にこのようなリスクの事前説明がない医療機関、脱毛サロンは要注意です!

※最後に施術ではなく脱毛施術の契約や勧誘に関してトラブルが多く起こっているようです。サロンだけでなくクリニックも法の改正により一部の美容医療サービスにおいては一定条件を満たせばクーリングオフが適応されるケースがございます。全ての美容医療サービスの施術でクーリング・オフや中途解約ができるわけではありませんが困った際には早めに消費生活センター等に相談しましょう。

出典:国民生活センター

そのため、尻毛の処理はセルフではなくサロンでプロに任せるのがおすすめです。専門のサロンで尻毛を脱毛すれば自己処理の煩わしさから解放されるのはもちろん、自己処理するよりきれいに仕上がります。脱毛すれば蒸れや臭い、排泄時の毛の絡まりなどの悩みを一気に解消できるので、「もっと早く脱毛しておけばよかった」と感じる人も多いようです。

尻毛におすすめの脱毛サロン

男性のデリケートゾーンのお手入れができる脱毛サロンをご紹介

サロンイメージレイロールブランドロゴメンズ脱毛【RINX】ローランドビューティーラウンジロゴ

サロン名

メンズクリア

レイロールRINX(リンクス)

ROLAND Beauty Lounge

特徴

IPL×SHR脱毛のハイブリッド脱毛を特徴とし、痛みの少ない脱毛を心掛けています。
全国各地に店舗がございますので、店舗のご変更も可能です。
脱毛マシンが独自に開発されたマシンを使用して施術。
どんな理由でも途中解約オッケー。大手商業施設内に出店店舗が多い。
IPLにて脱毛マシンが独自に開発されたマシンを使用して施術。
全国各地に店舗がございますので、店舗のご変更も可能です。
LUMIXという痛みの刺激が弱い脱毛器を選定しており、ローランドがプロデュースするラグジュアリーな空間で施術体験が受けられます。

施術回数

4回プランから6回プランから1回都度払いから10回分は変わらず、施術ヵ所により回数は微減
価格

陰部脱毛(1ヵ所)1回相当:11,105円~

VIO脱毛セット 6回プラン 99,800円~

Oラインの脱毛プラン14,700円

オーダーメイド脱毛100でチケット3枚(1回相当:8700円~)

詳細

>ブランドの詳細はこちら

>ブランドの詳細はこちら

>ブランドの詳細はこちら

>ブランドの詳細はこちら

予約はこちら

公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

メンズ脱毛で尻毛を処理する際の注意点

メンズ脱毛で尻毛を処理する際は、以下の5つの注意点を理解しておきましょう。

脱毛前日までに自己処理しておく

メンズ脱毛をする際は、予約前日までに自己処理を済ませておく必要があります。メンズ脱毛サロンで使う脱毛器はメラニン色素に反応するため、毛が生えた状態で照射すると尻毛のメラニンに反応して毛根までエネルギーが届かず、脱毛効果が得られなくなります。サロンによっては当日にシェービングしてくれる場合もありますが、追加料金がかかることもあるため注意が必要です。

脱毛期間中は毛抜きを使用しない

脱毛期間中に自分で尻毛を処理する際は毛抜きやブラジリアンワックス、除毛クリームは使用せず、電気シェーバーを使いましょう。自分で毛を抜くと毛周期のサイクルが狂い、脱毛効果が得にくくなります。また、毛を抜いたことで埋没毛になると、その部分は脱毛できなくなってしまいます。

脱毛後は十分に保湿する

尻毛を脱毛した後は乾燥しやすい状態になっているため、しっかりアフターケアを行わないと肌荒れやかゆみを引き起こすことがあります。デリケートゾーン専用のローションやクリームを使用し、ていねいに肌を保湿しましょう。

脱毛当日は激しい運動やサウナを控える

脱毛当日に体温が上昇する行為をすると肌トラブルの原因になるため、フットサルやトレーニングジムでの筋トレなどの激しい運動やサウナ、入浴などを控える必要があります。当日はぬるめのシャワーでやさしく身体を洗いましょう。

まとめ

尻毛を処理すれば気になる臭いや蒸れが軽減し、見た目の清潔感もアップしてスッキリします。尻毛を自分で自己処理する方法はいくつかあるものの、手が届きにくい場所のため皮膚を傷つけてケガをするリスクがあります。そのため、肌トラブルを抑えながらきれいに尻毛を処理するなら、専門の脱毛サロンがおすすめです。

脱毛をする前にまずは無料カウンセリングを予約し、条件や料金などに納得したうえで契約しましょう。

タイトルとURLをコピーしました