※本サイトの記事にはPR情報が含まれます。

ヒゲ脱毛に必要な施術回数は?脱毛知識や効果が出ない時の対処法についても紹介

ヒゲ脱毛に必要な施術回数は?脱毛知識や効果が出ない時の対処法についても紹介

  • ・当記事は記事作成時点での情報を基に掲載しております。
    キャンペーン及び料金内容は変更や終了する可能性が有りますので、最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください。
  • ・掲載のサロンやクリニックについて、選定については編集部による調査により編集部独自の視点で執筆しております。
  • ・記事記載の効果効能や痛みには個人差があり保証するものではありません。
「ヒゲ脱毛に必要な回数を知りたい」「何回契約すればよいのだろう?」

このようなお悩みをお持ちの男性も多いのではないでしょうか?

本記事では、ヒゲ脱毛に必要な回数やメリット、デメリットについて紹介します。脱毛知識がない方でも、この記事を読めばヒゲ脱毛の知識や適切な施術回数について情報を知ることができます。

ヒゲ脱毛を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事でわかること!

ヒゲ脱毛に必要な回数の目安や効果

ヒゲ脱毛に必要な回数は、医療脱毛とサロン脱毛によって異なります。

医療脱毛は、高出力レーザーを使用するため、少ない回数で卒業できます。サロン脱毛は、脱毛効果よりも減毛効果に近く、ツルツルになるには回数が必要です。

ここからは、ヒゲ脱毛に必要な回数を医療脱毛とサロン脱毛に分けて紹介します。

医療脱毛

医療脱毛でヒゲ脱毛をする場合は、5回〜10回程度を目安にしましょう。自己処理を楽にしたい方は5回、ほとんど自己処理をなくしたい方は10回ほどの照射が必要です。

毛が濃い方の場合は、さらに照射回数が必要になるでしょう。はじめは5回で契約して、まだ必要な場合は単発で追加するとコスパ良く脱毛できます。

また、医療脱毛には熱破壊式と蓄熱式があり、ヒゲ脱毛には熱破壊式がおすすめです。熱破壊式は高出力レーザーを使用するため、毛が濃く密集しているヒゲ脱毛には最適です。

サロン脱毛

サロン脱毛で施術を受ける場合は、12回〜20回程度を目安にしましょう。自己処理を楽にしたい方は12回〜18回、ほとんど自己処理をなくしたい方は20回ほどの照射が必要です。永久脱毛ではなく減毛効果のため、照射を止めてしまうと再度生えてくる可能性がある点に注意しましょう。

また、サロン脱毛に使用する光は美肌効果が期待できます。メラニン色素に反応するため、シミや色素沈着、ニキビ跡の改善を目指せるのがポイントです。

サロン脱毛にはIPL脱毛とSHR脱毛があり、黒いもの(メラニン色素)に反応するIPL脱毛がおすすめです。

日本には「永久脱毛の定義」がないため、一般的にアメリカで使われている以下の基準を満たした脱毛のことを永久脱毛と呼びます。

アメリカ食品医薬品局(FDA)~3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(2/3)以上の毛が減っている状態
米国電気脱毛協会(A.E.A)~最終脱毛の1ヶ月後に、毛の再生率が20%以下であること

現在の技術では「1回の施術で永久的に毛が生えなくなる」という方法は存在しません。

ヒゲ脱毛に回数が必要な原因

医療脱毛で脚や腕の脱毛をする場合は5回〜8回ほどで完了しますが、ヒゲ脱毛はそれよりも回数が必要になります。

原因は以下の2つです。

  • ほかの部位に比べて毛根の位置が深いため
  • 毛周期のサイクルが長いため

それぞれ詳しく解説します。

ほかの部位に比べて毛根の位置が深いため

ヒゲはほかの部位に比べて毛根が深く、1cmほどあるため、根本までレーザーが届きにくいのが特徴です。ほかにもヒゲは1cmに約120本もの毛が集まっており、ヒゲ全体の総数としては120万本近くあります。少ない範囲に毛が密集しているのも、回数が必要になる原因の1つです。

また、顔の皮膚は薄く敏感なため、出力レベルを下げて照射する必要があります。これらがほかの部位よりも回数が必要になる原因です。

毛周期のサイクルが長いため

ヒゲは毛周期のサイクルに合わせて生えたり抜けたりしています。毛周期のサイクルの流れは、成長期→退行期→休止期です。

成長期は4〜12ヵ月、退行期や休止期が2〜3ヵ月あり、トータル6〜15ヵ月のペースで成長を繰り返しています。脱毛効果の高い成長期にあたるヒゲは、全体の1〜2割程度です。

そのため、脱毛の効果をすべてのヒゲにアプローチするには、多くの回数が必要になってしまいます。

ヒゲ脱毛の回数を重ねても効果が出ない時の対処法

先程紹介したとおり、ヒゲ脱毛には回数が必要になります。しかし効果が出ないからといって途中であきらめず、しっかりと回数を照射することが大切です。それでも効果が出ない場合は機器を変えたり、クリニックを乗り換えたりするのがおすすめです。

ヒゲ脱毛の回数を重ねても効果が出ない場合の対処法は、以下の2つです。

  • ほかの機器も試してみる
  • ほかの機器を扱っているクリニックへ切り替える

途中であきらめず回数を重ねることは大切ですが、自分に合った方法を選ぶことも重要です。効果が出ない場合の対処法は知っておいて損はないでしょう。それぞれ詳しく解説します。

ほかの機器も試してみる

なかなか効果が出ない場合は、ほかの機器も試してみましょう。多くのクリニックでは複数の機器を取り扱っているため、効果を実感できない旨を伝えれば、機器を変えてもらえます。

1つの機器しか扱っていない場合は、出力レベルを上げてもらうのがおすすめです。しかし、出力レベルを上げると痛みが増す場合があるので、麻酔を追加するなどして工夫しましょう。

ほかの機器を扱っているクリニックへ乗り換える

出力レベルを上げても脱毛効果を感じない場合は、ほかのクリニックへ乗り換えるのも手段の1つです。

蓄熱式で効果が出なかった場合は、熱破壊式を扱っているクリニックを選びましょう。また、ヒゲ脱毛の場合は、太くて濃い毛へのアプローチが得意な機器を選ぶと効果が出やすくなります。

ライトシェアデュエットやジェントルシリーズは、ヒゲやVIO、脇などの太くて濃い毛の脱毛を得意としているので検討してみてください。

ヒゲ脱毛のメリット

脱毛は「女性がするもの」と考える方も多いのではないでしょうか?しかし最近では、男性でも脱毛を受ける方が増えてきています。

男性専用クリニックなどもあるため、女性の目が気になる方でも安心して受けられます。

実際に、ヒゲ脱毛をするメリットは以下の3つです。

  • ヒゲを剃る手間が省ける
  • カミソリ負けや青ヒゲがなくなり見栄えが良くなる
  • ヒゲ処理にかかる費用をカットできる

ヒゲ脱毛には清潔感を得られるだけでなく、時間の短縮や、処理にかかるコストも抑えることができます。さまざまなメリットがあるため、知っておいて損はないでしょう。それぞれ詳しく解説します。

ヒゲを剃る手間が省ける

脱毛をすると朝晩のヒゲ剃りの手間が省けるため、時間短縮になります。

例えば、ヒゲ剃りに1日10分かかるとしたら1年間に費やす時間は60時間以上です。

10分×365日=60時間 50分

しかし、脱毛してしまえば、この60時間以上を短縮できます。朝の忙しい時間にヒゲを剃らなくて良くなると、朝の時間を有効活用できます。

ほかにも「夕方になるとヒゲがポツポツ生えてきて、清潔面が気になる」といった心配もいりません。生えかけのヒゲがマスクの内側に引っ掛かる、嫌な感触ともおさらばできます。

カミソリ負けや青ヒゲがなくなり見栄えが良くなる

カミソリ負けで、肌が荒れてしまった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

切り傷ができてしまったり、赤いプツプツができてしまったりなどの肌トラブルが起きてしまうと、見栄えが悪くなってしまうこともあるでしょう。

脱毛をすればカミソリを使用する機会がなくなったり、減ったりするので、肌トラブルのリスクが軽減します。ほかにも、皮膚からヒゲが透けて見えることで起きる青ヒゲからも解放されます。

清潔感をアップさせたい、垢抜けたい方はヒゲ脱毛を検討するのがおすすめです。

ヒゲ処理にかかる費用をカットできる

普段何気なく使用しているカミソリやシェービング剤ですが、ヒゲ剃り代を月1,500円とした場合、1年間で18,000円もかかってしまいます。

40年間ヒゲを剃ることになれば、720,000円ものコストがかかります。

脱毛には「高い」というイメージがあるかもしれませんが、15万程度で一生ヒゲを剃らなくてよいとなると、決して高くはないでしょう。長期的にみれば、費用の節約につながります。

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛には多くのメリットが存在するとお伝えしましたが、デメリットも存在します。メリットだけで判断せず、デメリットを理解してから脱毛をするか検討しましょう。

ヒゲ脱毛のデメリットは以下の3つです。

  • 施術中に痛みが生じる
  • ヒゲ脱毛をしてしまうとヒゲを生やせなくなる
  • ヒゲ脱毛中は保湿などの肌ケアが必要になる

ヒゲ脱毛にはこれらのデメリットがありますが、しっかりと対策まで知っておけばヒゲ脱毛を始めやすくなるでしょう。それぞれ詳しく解説していきます。

施術中に痛みが生じる

医療脱毛であれば、麻酔クリームや笑気麻酔を利用するのがおすすめです。

麻酔クリームは皮膚に塗るタイプの麻酔で、照射時の痛みを軽減してくれます。笑気麻酔は吸引タイプの麻酔です。不安や恐怖などを軽減してリラックス状態を作ってくれます。

コースに組み込まれている場合もあればオプションの場合もあるので、気になる場合はクリニックへ確認してみてください。

また、サロン脱毛は冷却機能が搭載されている機器を選ぶのがおすすめです。皮膚が冷却されることで痛みが軽減されます。

クリニックによっては、保冷剤や氷で冷却を行なっている場合もあるので、気になる場合はサロンへ確認してみてください。

「光脱毛」「レーザー脱毛」「電気脱毛」の施術を受けることで「熱傷(やけど)」や「肌トラブルのリスク」が発生する場合がございます。

高いエネルギーのレーザーを肌に照射するレーザー脱毛では、火傷を起こす可能性やそれぞれの脱毛を受けることで赤み、赤い腫れ、ヒリヒリ感などの皮膚トラブルが発生するリスクがございます。また医療脱毛にて永久脱毛を行った場合には毛が生えにくくなるため生やしたくなった際に思うように毛を生やすことが難しくなります。そのため、じっくりと考えた上で脱毛箇所や脱毛の種類を検討ください。

髭脱毛の際にはレーザー照射直後に、照射前に比べて髭が濃くなる状態が発生する場合があり、人によって毛質や肌質が異なるので、焦らず髭が抜け落ちるのを待ちましょう。毛をピンセットなどで抜いてしまうと肌トラブルや埋没毛の原因になる恐れがあるので注意が必要です。肌質が合わず蕁麻疹を発症してしまうケースもあり肌のパッチテスト等も事前に行うことをお勧めいたします。事前カウンセリングや施術前にこのようなリスクの事前説明がない医療機関、脱毛サロンは要注意です!

※最後に施術ではなく脱毛施術の契約や勧誘に関してトラブルが多く起こっているようです。サロンだけでなくクリニックも法の改正により一部の美容医療サービスにおいては一定条件を満たせばクーリングオフが適応されるケースがございます。全ての美容医療サービスの施術でクーリング・オフや中途解約ができるわけではありませんが困った際には早めに消費生活センター等に相談しましょう。

出典:国民生活センター

ヒゲ脱毛をしてしまうとヒゲを生やせなくなる

医療脱毛は永久脱毛になるため、長期的に毛がはえにくくなるため個人差はございますが再度ヒゲを生やしにくい状態なります。将来、ヒゲを生やしたくても思うように生やせなくなるので、慎重に考えましょう。

フェイスラインや頬の部分は脱毛して、顎や口回りは残しておくといった脱毛スタイルもおすすめです。

ヒゲ脱毛中は保湿などの肌ケアが必要になる

ヒゲ脱毛中は肌が乾燥してしまい、ダメージを受けやすい状態になっています。

乾燥を放置しておくと毛嚢炎や赤み、色素沈着などさまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があるので、保湿ケアは必須です。

ここからは、おすすめの肌ケア方法を2つ紹介します。

保湿ケアを行う

洗顔後には、化粧水と乳液を塗りましょう。片方だけ使うのではなく、両方使うことが大切です。

化粧水は肌に水分を与える役割を持ち、乳液は肌に浸透した化粧水を閉じ込めて蓋をする役割があります。

化粧水と乳液を塗るのが面倒な方は、化粧水と乳液が1つになったオールインワンタイプを利用するのがおすすめです。

紫外線対策を行う

脱毛後は肌が敏感になっており、紫外線を吸収しやすい状態になっています。

肌が敏感な状態で日焼けをしてしまうと、肌トラブルを誘発しやすくなってしまいます。ほかにも脱毛器によっては、日焼けしてしまうと照射できないこともあるので、紫外線対策はしっかり行いましょう。

紫外線対策には、日焼け止めがおすすめです。最近では、機能性や実用性が重視されたメンズ用日焼け止めも複数発売されていますので、ぜひご確認ください。

ヒゲ脱毛には熱破壊式の脱毛機が向いている

脱毛するなら、ヒゲへしっかりアプローチしてくれる脱毛機を選びましょう。効率的に脱毛するには、医療脱毛の熱破壊式がおすすめです。

熱破壊式 高出力レーザーを使用して、毛乳頭や毛母細胞を破壊する脱毛方式
蓄熱式 低出力レーザーを使用して、毛包にあるバルジ領域(毛を生やす司令塔)を破壊する脱毛方式

熱破壊式のレーザーは黒いもの(メラニン色素)に反応するため、ヒゲや毛が濃い部分に高い効果を期待できます。また、毛根の働きを停止させる効果があり、照射後1〜2週間でダメージを受けた毛が抜け落ちます。

レーザーは肌の日焼けや黒ずみにも反応するため、日焼けしてしまうと照射ができないこともあるでしょう。サーフィンやゴルフなど日焼けをする機会がある方は気をつけてください。

一方の蓄熱式は低出力なので、熱破壊式よりも肌に優しいのが特徴です。また、バルジ領域にアプローチするため、毛周期に関係なく照射できます。1ヵ月に1回などの頻度で施術を受けられるので、卒業までの時間が短いのもポイントです。

しかし、蓄熱式は細い毛や産毛の脱毛を得意としているため、ヒゲへアプローチする場合は回数が必要になってしまいます。このような理由から、ヒゲ脱毛には熱破壊式がおすすめです。

熱破壊式を採用しているおすすめの医療脱毛クリニック2選!

自由診療治療につきましては健康保険などの公的医療保険が全く使えないため、治療費が高くなります。
また一部の自由診療については医療費控除の対象となる診療もございますが医療脱毛においては美容目的の要素が強いため医療費控除の対象外になります。

参考:確定申告の基礎知識(freee医療費控除ヘルプ)より

メンズエミナル

メンズエミナルブランドロゴ

引用:メンズエミナルクリニック公式サイト

メンズエミナルは男性専門のクリニックですので、男性の方は安心して通うことができます。

脱毛機は熱破壊式を採用しており、毛乳頭をターゲットにして毛根を破壊して脱毛を目指します。熱破壊式は蓄熱式よりも痛みを感じやすいとされていますが、麻酔も用意されていますのでご安心ください。

医療脱毛以外にもダーマペンや医療ハイフなどのメニューもありますので、美容に興味ある方や気になる方は是非調べてみてください。

◆ヒゲを含む料金プラン

メンズエミナル地域対象プラン情報


メンズエミナルは現在地域対象プラン中につき、料金はこちらよりご確認ください。
※現在記事に表記をしている金額とは別料金で施術のご案内をしていますが、期間明記がないため予告なく上記プランが終了してしまう場合がございます。
※対象地域、対象院は地域対象プランリンク先からご確認ください。地域別で対象メニューと料金が異なりますので、ご注意ください。

コース

照射部位

回数

ライトプラン料金(税込)

ヒゲ
3部位選択 5回 38,500円
5部位 5回 61,800円
6部位 5回 78,000円
全身 全身10部位選択 5回 189,200円

※料金は一括払いの料金となります。詳細は公式サイトをご確認ください。

出典メンズエミナルクリニック公式サイト 料金一覧

◆クリニック情報

クリニック名 メンズエミナル
脱毛方式 熱破壊式
麻酔料金 無料 ※ヒゲ・ワキ・VIOのみ麻酔対象
営業時間 11:00~21:00 ※院によって営業時間は異なります
店舗数 57院(2024年1月時点)

出典メンズエミナルクリニック公式サイト

公式サイトで詳細を見る

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックブランドロゴ

引用:湘南美容クリニック公式サイト

湘南美容クリニックは全国に140院以上を展開しており、全国で通いやすいのが魅力的です。(2023年9月時点)

湘南美容クリニックでは熱破壊式と蓄熱式の両方の脱毛機を採用していますので、痛みや脱毛したい部位によって使い分けることができ、より効率的に脱毛施術を受けることができます。

脱毛機に関して気になる方はカウンセリングの際にも確認するようにしましょう。

◆ヒゲを含む料金プラン

コース 照射部位 回数 料金(税込)
ヒゲ
鼻下・アゴ・アゴ下
1回 5,700円
3回 11,400円
6回 16,800円
もみあげ周囲・頬
1回 6,500円
3回 12,900円
6回 19,800円
全身
VIO除く
1回 60,900円
3回 181,290円
6回 354,440円

※料金は一括払いの料金となります。詳細は公式サイトをご確認ください。

出典:湘南美容クリニック公式サイト 料金一覧

◆クリニック情報

クリニック名 湘南美容クリニック
脱毛方式 熱破壊式・蓄熱式
麻酔料金 麻酔クリーム:2,000円/1本
笑気麻酔:2,200円/1部位
営業時間 9:00~18:00 ※院によって営業時間は異なります。
店舗数 140院(2023年9月時点)

出典:湘南美容クリニック公式サイト

公式サイトで詳細を見る

脱毛クリニックの基本施術フロー

STEP1

問い合わせ

STEP2

カウンセリング

STEP3

お申し込み

STEP4

施術予約

STEP5

来院 問診

STEP6

施術

※クリニックによりカウンセリング当日に施術可能な場合もございます。詳細につきましては各クリニックへお問い合わせください。

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛機器はコレ

ヒゲ脱毛には、熱破壊式の脱毛機が向いています。ただし、熱破壊式といっても多くの種類があるため、どれが良いか分からない方も多いでしょう。

そのため、ここからはヒゲ脱毛におすすめの熱破壊式を搭載した脱毛機を紹介します。

  • ライトシェアデュエット
  • ジェントルレーズプロ

これだけでは分からないと思うので、それぞれ詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、日本だけでなく世界中で使われている人気の脱毛機です。

熱破壊式の脱毛機は痛みを強く感じますが、吸引機能と冷却機能が搭載されているため、痛みを抑えて脱毛できるのが特徴です。

ダイオードレーザーを使用しているため、肌のメラニン色素に反応しづらく、日焼けしている方や色黒の方でも施術を受けられます。

ジェントルレーズプロ

ジェントルレーズプロは、日本国内の多くのクリニックで使用されている脱毛機です。

アレキサンドライトレーザーを使用しているため、ヒゲやVIO、脇など毛の濃い部分へのアプローチを得意としています。

冷却装置が搭載されているため、痛みを軽減させて脱毛できるので、痛みが苦手な方にもおすすめです。また、ジェルの塗布が必要ないため、スピーディーに脱毛できるのも嬉しいポイントです。

しかし、日焼けした肌や色素沈着がある部分には照射できません。肌にシミやほくろが多い方は避けたい方は、肌質を問わないライトシェアデュエットがおすすめです。

ヒゲ脱毛に関するよくある質問

ヒゲ脱毛について紹介してきましたが、まだ疑問がある方もいるでしょう。

ここからは、ヒゲ脱毛を受ける方がよく持つ質問をQ&A形式で紹介します。

脱毛当日に気をつけることは?

脱毛当日は、シェービングを綺麗にすることを心がけましょう。

毛を剃り残してしまうと、レーザーが毛根以外の部分に反応してしまい、火傷をする可能性があります。クリニックによっては、毛を剃り残してしまうとシェービングに追加料金がかかってしまうので、気をつけましょう。

また、脱毛機器によっては日焼けをしてしまうと照射できない可能性もあります。脱毛中は日焼けをなるべく避けましょう。

脱毛後に気をつけることは?

脱毛後は、化粧水と乳液などの保湿ケアを徹底しましょう。

ほかにも、脱毛後は肌が敏感になっているため、紫外線を浴びないように日焼け止めやサングラスを使用するなどの対策を行ってください。

また、サウナなどの体温が上がる行為も避けるのがおすすめです。

家庭脱毛器の効果は?

家庭用脱毛器は効果がまったくないわけではありませんが、ヒゲは毛が濃く効果を実感しづらい可能性があります。

出力レベルが非常に低いため、ヒゲ脱毛をしたい方にはあまりおすすめできません。

ヒゲ脱毛をしたい方は出力レベルが高く、少ない回数で効果が期待できる医療脱毛がおすすめです。

脱毛サロンが提供している家庭用脱毛器

余談として脱毛サロンが開発と販売を手掛ける「IPLヘアーリムーバー」をご紹介。

効果を実感できるまで個人差がありますが早い方で1ヶ月~ほどで脱毛効果がでてくるようです。
この家庭用脱毛器は照射回数は800,000発まで対応可能で使い切りタイプ 1照射あたりの換算コストは0.06円で非常にお安いです。

肌を冷やしながらケアする特殊冷却プレートにてアイス機能搭載。肌のリスクである刺激の軽減も考えられています。
自動的に照射されるモードを搭載しており都度、ご自身で照射ボタンを押す必要もないです。
家庭用としても認知度があり家電量販店でも購入できるようです。 
気になった方はこちらで「IPLヘアーリムーバー」の情報を閲覧できます。

肌に合わないケースもあるため 肌が刺激に敏感な方はクリニックでのパッチテストや家庭用脱毛器ではなくアフターケアが充実したクリニックでの脱毛をおすすめします。

まとめ|ヒゲ脱毛をして清潔感をアップさせよう!

ヒゲ脱毛に必要な回数やメリット、デメリットについて紹介しました。最近では女性の脱毛クリニックだけでなく、男性専用のクリニックも増え、男性にも脱毛が身近なものとなっています。

脱毛は1回で理想の肌になるわけではなく、回数を重ねることが大切です。ヒゲは特に毛が濃い部分のため、回数も必要になります。継続することで段々と効果が出てくるので、しっかり通いましょう。

ヒゲ脱毛が気になる方は、まずはお近くのクリニックでカウンセリングを受けましょう!

タイトルとURLをコピーしました